転換社債詐欺でお困りの方、お一人で悩まず、まずはご相談下さい!

緊急相談ダイヤルTOP 転換社債詐欺

証券会社を介さず、信用性の低い転換社債の購入を勧誘された場合は要注意!

転換社債とは、株式に転換する権利がついた社債で、元本割れのリスクを避けつつ、株価の上昇局面で利益を得ることのできる商品です。このメリットを悪用し、活動内容を偽った企業の転換社債の購入を促し、購入後、最初の利息分のみを支払って安心させたところで、連絡がとれなくなってしまう「転換社債詐欺」の相談件数が増えてきています。
業者側は、

「途上国の発展に寄与している企業の転換社債を買わないか?」
「高利回りの配当をお約束します。」

といた謳い文句で社債の購入を促し、資金集めをします。利息分だけは支払う、などといった手口で、購入者を安心させて、消費生活センターへの相談を遅らせるなども手口も巧妙化しており、未公開株詐欺と合わせて注意が必要です。

騙されたと思ったら、まずはご相談ください! >

転換社債詐欺被害実例
ある発展途上国の鉱物などの採掘や輸出入をして、その収益で現地に学校を建設しているという企業から、「わが社の転換社債を買わないか」「高利回りの配当を約束する」「将来は株式公開する」としつこく勧誘された。その理念に賛同したEさんは代金を支払ったが、その数ヶ月後、担当者から「契約のキャンセルがあり困っている。」と連絡があり、1口分をさらに購入。
Eさんから話を聞いた知人が、Eさんの購入した転換社債の利率を調べたところ、金融機関が販売している公社債よりも非常に高く、不安に感じたEさんが、業者に解約を求めたところ、応じられないと断られた。その後、業者とのコンタクトが途絶え、購入代金を持ち逃げされた。

悔しい・・・。そんな想いをしたあなたの協力パートナー

未公開株と合わせて相談数が増えてきている転換社債詐欺。多くの人から資金を集め、最初の頃だけは配当を支払い、最終的には破たんして配当がなくなるなど、その実態は、詐欺と呼ぶにふさわしい行為がほとんどです。

解約させてくれない、業者と連絡がつかないなど、不安を覚えていらっしゃる方に、法律のプロ「弁護士」の板垣法律事務所があなたの強力なパートナーとなって、一緒に戦います。

メールでのご相談はこちら

ご相談はごちら

各種詐欺について

よくあるご質問

関連リンク