緊急相談ダイヤルTOP 更新情報 お知らせ >制度悪用、3000万詐取容疑で6人逮捕

更新情報 お知らせ

制度悪用、3000万詐取容疑で6人逮捕
 倒産企業の未払い賃金を肩代わりする「未払賃金立替払制度」を悪用し、約3000万円をだまし取ったとして、神奈川県警は25日、東京都大田区鵜の木、自称タクシー運転手小西裕容疑者(50)ら6人を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、小西容疑者らは2009年3月19日、経営実態がない土木建築会社が倒産したことにして従業員へ未払い賃金があるように装い、独立行政法人「労働者健康福祉機構」(川崎市)から2850万円をだまし取った疑い。

 小西容疑者は元暴力団組員で、同社の社長を務めていた。「申請はしたが、だますつもりはなかった」と話しているという。

 県警は、川崎市に拠点を置く右翼団体幹部ら8人の逮捕状を取り、行方を追っている。

更新情報 お知らせ一覧に戻る|読売新聞 2011年01月25日 参照

メールでのご相談はこちら

ご相談はごちら

各種詐欺について

よくあるご質問

関連リンク