緊急相談ダイヤルTOP 更新情報 お知らせ >モバイルサイト内職詐欺に注意を!

更新情報 お知らせ

モバイルサイト内職詐欺に注意を!
『自宅でできる簡単な仕事』として募集し、契約時にモバイルサイト作成費用として数十万円を払わせる詐欺が問題になっている。
国民生活センターが「モバイルサイト内職にご注意! サイト作成料等の支払いに無理に現金を作らせることも」という注意喚起を出している。モバイルサイト内職とは、詐欺同然の内職商法の一種で、仕事を始めるにあたって、高額な登録費用(この場合、モバイルサイト作成費用)を請求するものだ。

 主に新聞の折り込みチラシ、タウン誌、フリーペーパーの求人広告に掲載されていて、以下のように募集していることが多い。
【業種】インターネットサービス、メール受付業務、データ入力・集計
【内容】メール発注、問い合わせメールの返信など
【待遇】時給1500円~ 携帯電話があれば誰でも可能、自宅や出先でもOK

ネット広告でも同様の怪しい求人広告が出されている。「副収入」「SOHO」というキーワードに怪しい広告が多いので注意
 『自宅で携帯電話さえあれば、誰でも簡単に出来る仕事』と称して求人広告を出している。未経験でもOKということなので、気軽に問い合わせる人も多いだろう。問い合わせてみると、履歴書・免許証のコピーなどを求められる。

 しかしその後、「仕事をするには携帯電話用のサイトを作る必要がある」といって、サイト作成費用40万円を払うように言われる。ほとんどの人はここで断るのだが、業者側は履歴書や免許証のコピーを持っていることから「逃げ切れないぞ」などと脅したり、クレジットカードで無理に現金を作らせるケースまであるとのことだ。

 国民生活センターによれば、2010年3月から相談が寄せられており、11月20日までで231件の相談があった。被害者は女性が66%と多く、年齢層では20歳代が約34%、30歳代が約32%と多い。自宅でもできる仕事を探している20~30歳代の女性が狙われていると考えてもいいだろう。

更新情報 お知らせ一覧に戻る|読売新聞 2010年12月17日 参照

メールでのご相談はこちら

ご相談はごちら

各種詐欺について

よくあるご質問

関連リンク