緊急相談ダイヤルTOP 更新情報 お知らせ >前田被告「否認は罪重くなる」…総連詐欺事件で

更新情報 お知らせ

前田被告「否認は罪重くなる」…総連詐欺事件で
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部を巡る詐欺事件の控訴審第2回公判が15日、東京高裁であり、詐欺罪に問われ、1審で有罪判決を受けた元不動産会社社長・満井忠男被告(76)の被告人質問が行われた。

 満井被告は、郵便不正事件を巡る証拠隠滅罪で起訴された元大阪地検特捜部主任検事・前田恒彦被告(43)(懲戒免職)から受けた取り調べについて、「否認すれば罪が重くなり、あなたのためにならない」と言われ、容疑を認めたと述べた。

 満井被告は、前田被告による利益誘導や脅迫があったとして、自白調書の任意性を争っている。公判には、共犯とされる元公安調査庁長官・緒方重威被告(76)も出廷した。

更新情報 お知らせ一覧に戻る|読売新聞 2010年10月15日 参照

メールでのご相談はこちら

ご相談はごちら

各種詐欺について

よくあるご質問

関連リンク