緊急相談ダイヤルTOP 更新情報 お知らせ >取引偽装 2960万詐取容疑 三菱重工元社員ら逮捕

更新情報 お知らせ

取引偽装 2960万詐取容疑 三菱重工元社員ら逮捕
 三菱重工業から機械の修理代金名目で金をだまし取ったとして、名古屋地検特捜部は13日、名古屋市緑区、同社名古屋航空宇宙システム製作所の元社員山田栄治(40)、岐阜市太平町、会社社長成畑浩則(46)両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、同製作所の工場で機械整備係副作業長だった山田容疑者は、知人の成畑容疑者と共謀し、機械の緊急修理を装って、2008年12月30日頃~今年1月29日頃、14回にわたって計約2960万円を詐取した疑い。2人は155回にわたって偽造した見積書や納品書を、取引先の商社を介して三菱重工業に提出していたという。

 だまし取った金は、商社の口座を経由して成畑容疑者の会社に振り込まれていた。

 同製作所は名古屋市港区のほか、愛知県豊山町や同県飛島村などに工場があり、港区の工場では航空機などの部品製作をしている。三菱重工業は今年4月、社内調査で疑惑が発覚したとして特捜部に告訴するとともに、同5月、山田容疑者を懲戒解雇していた。

更新情報 お知らせ一覧に戻る|読売新聞 2010年10月14日 参照

メールでのご相談はこちら

ご相談はごちら

各種詐欺について

よくあるご質問

関連リンク