緊急相談ダイヤルTOP 更新情報 お知らせ >故意の交通事故で保険金詐欺 プロゴルファーら逮捕 利益4千万円か

更新情報 お知らせ

故意の交通事故で保険金詐欺 プロゴルファーら逮捕 利益4千万円か
 

交通事故を装って保険金をだまし取ったとして、警視庁交通捜査課と蒲田署は詐欺容疑で、東京都大田区西六郷、会社役員、清水二朗被告(49)と同区仲六郷、プロゴルファー、山中恭弘被告(56)=いずれも別の保険金詐欺事件で起訴=ら5人を逮捕した。同課は清水容疑者を主犯格に平成19年から同様の犯行を5件繰り返し、計4千万円の利益を不正に得ていたとみられる。

 逮捕容疑は、19年2月ごろ、同区西六郷の路上で、乗用車2台に分乗して故意に接触事故を起こした上、交通事故を装って保険会社に保険金を請求。休業補償などの名目で計約7300万円振り込ませ、だまし取ったとしている。

 同課によると、受け取っていた保険金の半分を清水容疑者が1人で受け取っていたという。

更新情報 お知らせ一覧に戻る|産経新聞 2010年7月16日 参照

メールでのご相談はこちら

ご相談はごちら

各種詐欺について

よくあるご質問

関連リンク