緊急相談ダイヤルTOP 更新情報 お知らせ > 出会い系サイト被害相談が3倍増 100万円以上52件

更新情報 お知らせ

出会い系サイト被害相談が3倍増 100万円以上52件
県内で昨年4~12月に寄せられた出会い系サイトをめぐる被害相談で、100万円以上の高額被害が52件に上り、前年同期(18件)の3倍近くに増えていることが県のまとめで分かった。

「まずは無料登録」「会ってもらえれば、お金をあげる」といった誘い文句に釣られてメールなどのやりとりを重ね、気づいたら利用金額が膨らんでいたというケースがほとんど。県の担当者は「常識で考えておかしい話は、安易に信用しないで」と注意を呼び掛けている。  県民生活課によると、出会い系サイトで「掲示板を見る」「メールを送る」などの操作をしたために金銭を請求されたなどの被害は913件。前年同期より56件減っているが、被害額は判明分だけで9750万円に上っている。

被害は30代が311件、20代が229件と若い世代で目立つ一方、被害金額の平均をみると、60代以上が117万円、50代55万円、40代38万円と年代が上がるにつれて高額になる傾向がある。
更新情報 お知らせ一覧に戻る|中日新聞 2010年02月11日 参照

メールでのご相談はこちら

ご相談はごちら

各種詐欺について

よくあるご質問

関連リンク