緊急相談ダイヤルTOP 更新情報 お知らせ > 架空株事件で6人を再逮捕 広島県警

更新情報 お知らせ

架空株事件で6人を再逮捕 広島県警
実体のない新薬開発研究会社の未公開株購入を持ち掛け、現金をだまし取ったとされる詐欺事件で、広島県警捜査2課と安佐北署は8日、いずれも住所不定、無職の谷田部仁(28)、森泰士(35)の両被告ら6人=いずれも詐欺罪で起訴=を別の詐欺の疑いで再逮捕した。

捜査2課などの調べでは6人は共謀。昨年6月から8月にかけ、盛岡市の男性(85)方と神奈川県平塚市の別の男性(68)方に電話し、「未公開株を買ってくれませんか。あなたの株を高値で買います」などとうそを言い、計400万円をだまし取った疑い。 捜査2課などによると、森被告らが管理する口座の記録などから合計約3億5千万円をだまし取った疑いがあるとみて調べている。

ほかに再逮捕されたのは、群馬県高崎市東貝沢町、無職木暮旭臣(30)▽埼玉県上里町、同浅見和彦(29)▽群馬県渋川市中村、同小林弘尚(30)▽埼玉県熊谷市別府、同石倉正人(29)の各被告。
更新情報 お知らせ一覧に戻る|中国新聞 2010年02月08日 参照

メールでのご相談はこちら

ご相談はごちら

各種詐欺について

よくあるご質問

関連リンク